無料
エロ
動画
玉木俊郎の「不倫してみませんか」

割り切り不倫・奥様編

「恋愛においては往々にして

 疑うよりも、騙すほうが先にたつ」

                     −ラ・ブリュイエール 『人さまざま』

こんばんは、よく騙すが、よく騙される玉木です。

今夜はなにげに「恋のから騒ぎ」風に始めてみました( ̄m ̄)

実は格言やことわざって結構好きなんですよね。特に恋愛に関してや人間の本質を鋭くえぐるような名言って普遍的なものがあるので、その辺の恋愛必勝本よりよっぽど役に立ちます。

とまぁそれはさておき、前回ついつい書いてしまった、ちょっぴりナーバスチック記事をきっかけに、今日もまたそれに付随しながらちょっぴり思いを巡らせておりました。

何を考えてたかと言うと、「恋と家庭を両立させる事」についてです。

かなり主観入ってますが、まず既婚男性の場合、

気持ちの上で恋と家庭を両立させる事には長けているが、実生活において両立させるのが不得意。というよりヘタクソ。

それに対し既婚女性の場合、実生活において恋と家庭を両立させる事には長けているが、気持ちの上で両立させるのが不得意。というより悩みのタネ。

いかがでしょうか。

自分的には、結構鋭いとこついてるんじゃないか〜?なんて思いながらタバコふかしちゃったりしてるんですが。

では、その根拠の解説に入ります。

旦那方の場合、家庭は家庭、恋愛は恋愛だから、どちらもうまくやっていきたい、両方手に入れておきたい、という気持ちが強いと思うんです。

つまり「大事なのは家庭、愛しているのは彼女」という非常に都合の良い考え方(笑)ができる生き物なんですよね。

挙句の果てには、「やっぱりオレが戻る場所は家庭なんだよ」などど言い出す始末。

にもかかわらず、実戦においては、お粗末な事この上なし。

一方・・・奥様方が恋愛にハマっちゃった場合は、旦那の事は「単なる同居人」と見なしがちだと思うんです。

つまり「彼との関係を続けていきたい」からこそ、実生活においては細心の注意を払う。せっかく出逢えた「運命の人」と過ごす時間のために、あとは修行だと思って家庭生活を頑張る、といった感じでしょうか。

つまり実生活において問題が起きる事は、内密にしておかなくちゃと思ってる限り、まれなんですが、その心の内は手のつけようがない程の大問題が起きてるわけです。

なのでこれだけネット上での女性のお悩み掲示板やブログが盛況なのは、心の内を誰に咎められることもなくカミングアウトできるからなんでしょうね。

しかしその心の咎が一たび実生活において外れると、離婚なんて生易しいものではなく・・・事件へ発展する可能性すら秘めていると思います。

ハッキリ言ってそんな不倫、したくないです。

旦那様にも奥様にも、心地よくなるための恋愛をしてほしい、というのが私のモットーであり、このブログの主旨ですから。

実は、このブログによくコメントしていただける奥様がいらっしゃるんですが、すごく頑張って恋と家庭を両立させてあります。

実際に、「彼へは『恋愛』、夫へは『家族』としての感情を持って上手く生活してます」というメッセージも頂きました。(無断借用スミマセン)

もちろん彼女の中で、ものすごい心の揺らぎや、いくつもの葛藤が繰り返され、日々自分の感情と戦っていらっしゃいます。

でも、やはり大好きな彼を失いたくないからこそ、そういった「心の割り切り」に踏み切られてあるんじゃないのかな、と私は思ってます。

そういう女性も、事実いらっしゃるんですよね。

確かに心の割り切りって、体の割り切り以上に難しい部分があると思います。

でも少しだけ気持ちを切り替えてみようかな、と思うだけでも、ちょっぴりラクになったりするかもしれませんよ?

というわけで、コメント頂いた奥様には心底、感謝しています。

ありがとうございました〜♪( ̄3 ̄)ちゅ〜

「不倫してみませんか」TOPページへ

源氏物語に学ぶ浮気哲学

こんばんは、玉木です。

かつて、恋愛漫画の大御所、柴門ふみ氏が「男の浮気」についておもしろいこと言ってあったのでご紹介しますね。

男の浮気を解釈するには「源氏物語」を読めばよい。

何をしても許される特権階級である光源氏は、手当たり次第に女を追いかけまわす。

光源氏がスゴイのは、一時期に何人もの女と付き合いながらも、その時、目の前にいる女に対して、
「今、心の底から愛しているのはおまえだけだ」

という感情を抱けるところである。

「別の女に悪いなあ」

などという姑息な自責の念など持たない。その場その場で、目の前の女を愛しているのだ。

そうか、そうだったのか、と私は初めて『源氏物語』を読んだ時、目からウロコが落ちる思いだった。

そして、この公式を応用することによって、漫画の登場人物に浮気者のプレイボーイを出せるようになったのだ。

世間にはびこる不倫状況においても、妻にも愛人にもいい顔する男に対して私は、

「なんていい加減なヤツだ。信じられない」

と、考えていたのだが、

「今、目の前にいる女を愛してしまう」男の習性を思えば、納得してしまった。      「恋愛論」より

さすが大御所、飲み込みが早い。

「不倫してみませんか」TOPページへ

愛人への束縛について

こんばんは。

明日のデートが楽しみ♪な玉木です。

早速今回のテーマ、「束縛」について、です。

「緊縛」ではありませんのでご注意・・・あ、スミマセン。

一般的に言うと、好きになった人に対しては、やはり相手を束縛する事は避けることができないものだと思います。

「あんな事はして欲しくない」とか

「そんな所行っちゃダメ」とか

「私の言うことが聞けないっていうの?(涙)」とか(笑)

好きだからこそ、束縛したくなるわけですね。仕方ありません。

ただ独身同士の束縛であれば、ある程度許容できるんですが、不倫となればそう簡単に受け入れるわけにもいきません。

その最たる例が、「奥さんとエッチしないでね」です。

まぁこれを束縛と呼べるかどうか、というのはとりあえず置いといて・・・。

行動を制限する事を要求することに変わりないです。

これは女性だけではありませんよ。

男だってそうです。旦那に無理やりさせられるなんて思ったらハラワタ煮えくり返ってアタマおかしくなりそうです。

そしてそれは好きな人を持つ人間として、当然の感情であると思います。

だがしかし・・・

だがしかし、不倫において、それは通用しません。悲しいですけど。

家族で食事もしなくちゃいけないし、旅行にだって行かなくちゃなりません。子供の誕生日にはみんなでお祝いです。はたから見ればすごく幸せそうに映ってるかもしれません。

でもそれを阻止する事は、不倫である限り不可能です。

あるいは、それを受け入れることができないなら不倫なんてやめた方がいいです。

たとえそんな事があっても、それでも相手の事が好きなら仕方ないと思わなくちゃいけないんじゃないか、と私は思ってます。

もちろん彼女には妻の話は極力しません。彼女も私が妻とエッチしてないとは実は思ってないかもしれないけど、エッチしたとは決して言いません。

それでいいと思ってます。

なぜなら、心は彼女を裏切ってないからです。

最終的に心で繋がっていれば、彼女を悲しませることはない、と思っているからです。

束縛の話に戻りますね。

不倫って体の束縛を全て受け入れることはできませんが、心の束縛はどれだけだってできる、というのが私の持論です。

逆に心の束縛のほうが難しいにもかかわらず、それがお互いできるということは、体の繋がりなんかより遥かに深い繋がりであると私は考えます。

仮に暗黙のうちだったとしても、お互いがそれを了解できてたら・・・最高ですね。

「不倫してみませんか」TOPページへ

理想と現実の狭間で

こんにちは、玉木です。

ブログのデザインを変えてみました。

ここのテーマ上、顔は出せないので、とりあえず手だけ公開してみましたw

なぜ手なのかと言えば、薬指の指輪のイメージが欲しかったから。

不倫、薬指の指輪・・・うーむ分かりやすいっ!

自己満足に浸りきってる今日この頃です。

では本日のお題、理想と現実のバランスについて、です。

良い言い回しが思いつかなかったので、理想と現実という言葉を使いますが、
敢えて説明するならば、

■理想→愛人とずっと一緒にいたい。

■現実→愛人とずっと一緒にいる事ができない。

理想、というのは「気持ち」という言葉に置き換えることもできますね。

気持ちを優先させれば、妻や子供との間にヒズミができる。

現実を優先させれば、愛人との間にヒズミができる。

実際不倫すると、これを切実に感じます。まるでシーソーのように、見事なまでに物理的です。

仕方ありません。心は複数存在可能にも拘らず、体は一つしかないので。

そしてこのギャップをいかに上手に埋めるか、バランスをうまく保つことができるか、が不倫に与えられた宿命です。

実は私も以前はこのギャップにもがき苦しんでました。

最も激しかったのは30をちょっと過ぎた頃。初めてネットで知り合った既婚女性と恋に落ちた時です。

九州に住んでたので、飛行機で会いに行ってました。

とあるチャットがきっかけだったんですが、当時はネットで会話を交わす事自体が新鮮で、刺激的で、毎晩毎晩狂ったようにパソコンに向かってカチャカチャカチャカチャ。妻の目を忍びつつ(笑)

初めて実際会った時の、あの感動は今でも忘れられません。

何しろ初めて会うのに、お互いの気持ちを知り尽くしているわけですから。

その感覚は、かつて味わった事のない、生まれて初めての精神的快感でした。

肉体的快感は言うまでもありません。

当然バランスは崩れまくります(笑)自分で自分を制御できないんです。

妻も私の変貌ぶりに驚いてました。もっと家庭を顧みてほしい、と。

妻にバレたのは携帯のメールからです。今のように「オレの携帯にはロックがかかってて当然」という状況ではなかったので盗み見されたんです。いや〜若かった(笑)

相手のほうも、旦那にほとんどバレてました。

旦那から直接、私の携帯にかかってきましたもん。物凄い勢いで、「妻を返せ」って(笑)

妻は実家へ帰りました。私の両親にも彼女のことを話しました。

もちろん妻の両親とも。

やはり離婚して結婚するしか方法はない、という結論に達しました。

あとは・・・妻の印鑑が押してある離婚届けに、私の印鑑を押すだけ、という状態でした。

がしかし・・・・・。

修羅場をくぐって初めて見えてくるものってあるんですね。

これは教えられて分かったり、他人が分かるものではありません。

自分の中で、離婚できない理由があったんです。

結局、印鑑はつきませんでした。


とまぁ長くなりましたが、そんな失敗を重ねつつも(大失敗ですが)今日まで生きてきました。

そんな失敗も成功への一過程だ、なんて開き直りながら、性懲りもなく不倫してます。

そして今さらながらに思うのが、不倫というのは理想と現実のバランス感覚が最も重要である、という事です。

どちらかに傾ききってしまえば、どちらかが破滅します。

ただ、分かりきっているにもかかわらず、行動する事がこれほど難しいのも珍しいよな〜・・・なんてタバコすいながら、ぼんやり考えてます。

「不倫してみませんか」TOPページへ

人妻が不倫に走るパターンとは

こんばんは。

浮気が最もバレやすいらしい、O型の玉木です。

私の浮気発覚事件に関してはまた後日に回すとして・・・今回は、本日いただいたしおんさんのコメントから、少々思うところがありましたので、それについてお話しますね。

以前、「不倫してしまう女性のタイプとは?」というタイトルで記事を書いた時にも触れたんですが、今回は既婚女性の場合を少し掘り下げまして、「人妻が不倫に走るパターンとは」です。

まずは言うまでもなく、明らかに夫との関係がうまくいってない場合。

メールだけをやり取りしてる時期、または付き合ってまもない頃は、あまり明るみに出ませんが、よくよく話を聞いてみると、実はうまくいってなかった、というパターンが多いですね。

幸い(?)私の付き合った女性に関しては暴力夫にいたぶられ・・・という奥さんはいませんでしたが、総じて多かったのが「夫婦の会話が無い」という場合。

それが原因で、相手にどんどん無関心になってゆき、お互いを干渉しなくなる、というパターンです。まだ、問題が起こってケンカするぐらいであれば問題ありません(笑)

次に身近な友達から恋人に発展するパターン。

これは私の知人が得意としている方法なんですが、ルックスのわりに気さくなヤツで、口がうまいんですよね。

相手が人妻でも軽〜い感じですぐ友達になっちゃう。見かけに反して、奥さんの方も言いたいこと言えちゃうから気持ちいいんでしょうね。

身近でない場合もありますが、メル友もこれに含まれます。

あまり相手の事を知らないがゆえに、言いたいことや正直な気持ちをカミングアウトできる。気持ちいいですね(笑)友達を通り越して一気にただならぬ関係になる可能性を秘めています。

そして最も気になるのが、

夫とうまくいってるにも関わらず、不倫してしまうパターン。

もちろんこの場合も、友達から派生して恋に変わってゆくパターンなんですが、その恋愛度は、ある意味夫とうまくいってない奥さんよりも高いです。

夫とうまくいってないのであれば、多少「いいな」と思えるくらいでも「恋」に感じてしまえるわけですから、その恋愛度は低いんです。

ところが夫とも問題はないが、それでも彼がいい、となると、当然彼への想いはハンパではありません。

そして往々にして「夫とは正反対のタイプの彼」であることが多いです。

夫に無い部分を彼に見つけ、それが「素敵」と思った時、妻や母親でありながら、「一人の女」になってしまうのでは、と思います。

さらにその恋はいつも真剣です。

そうですよね、本当の理想の男に出会ったのかもしれないんですから。

大事にしたい部分だからこそ、一概に良い、悪いと言えないパターンだと思います。

「不倫してみませんか」TOPページへ

 | HOME |  »

不倫の秘訣

不倫コミュニティ

不倫画像

不倫攻略

人妻専門

人妻限定

不倫専門

恋愛考察

お気に入りリンク

プロフィール

玉木俊郎

玉木俊郎

年齢:39歳
職業:ありふれた会社員
家族:妻と娘1人
彼女:30歳(既婚)子供なし

自分の気持ちに素直に生きていく。ただそれだけです。

ご意見・お問い合わせは
コメント、もしくは メールにてお願いします。
相互リンク募集中です!

検索エンジン・ランキング

Monthly

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix



    エログ

    フルHDエロ動画

    ブログ

    チャットレディーブログ

    DXJOBのお仕事

    アダルトSNS モンロー

close