無料
エロ
動画
玉木俊郎の「不倫してみませんか」

理想と現実の狭間で

こんにちは、玉木です。

ブログのデザインを変えてみました。

ここのテーマ上、顔は出せないので、とりあえず手だけ公開してみましたw

なぜ手なのかと言えば、薬指の指輪のイメージが欲しかったから。

不倫、薬指の指輪・・・うーむ分かりやすいっ!

自己満足に浸りきってる今日この頃です。

では本日のお題、理想と現実のバランスについて、です。

良い言い回しが思いつかなかったので、理想と現実という言葉を使いますが、
敢えて説明するならば、

■理想→愛人とずっと一緒にいたい。

■現実→愛人とずっと一緒にいる事ができない。

理想、というのは「気持ち」という言葉に置き換えることもできますね。

気持ちを優先させれば、妻や子供との間にヒズミができる。

現実を優先させれば、愛人との間にヒズミができる。

実際不倫すると、これを切実に感じます。まるでシーソーのように、見事なまでに物理的です。

仕方ありません。心は複数存在可能にも拘らず、体は一つしかないので。

そしてこのギャップをいかに上手に埋めるか、バランスをうまく保つことができるか、が不倫に与えられた宿命です。

実は私も以前はこのギャップにもがき苦しんでました。

最も激しかったのは30をちょっと過ぎた頃。初めてネットで知り合った既婚女性と恋に落ちた時です。

九州に住んでたので、飛行機で会いに行ってました。

とあるチャットがきっかけだったんですが、当時はネットで会話を交わす事自体が新鮮で、刺激的で、毎晩毎晩狂ったようにパソコンに向かってカチャカチャカチャカチャ。妻の目を忍びつつ(笑)

初めて実際会った時の、あの感動は今でも忘れられません。

何しろ初めて会うのに、お互いの気持ちを知り尽くしているわけですから。

その感覚は、かつて味わった事のない、生まれて初めての精神的快感でした。

肉体的快感は言うまでもありません。

当然バランスは崩れまくります(笑)自分で自分を制御できないんです。

妻も私の変貌ぶりに驚いてました。もっと家庭を顧みてほしい、と。

妻にバレたのは携帯のメールからです。今のように「オレの携帯にはロックがかかってて当然」という状況ではなかったので盗み見されたんです。いや〜若かった(笑)

相手のほうも、旦那にほとんどバレてました。

旦那から直接、私の携帯にかかってきましたもん。物凄い勢いで、「妻を返せ」って(笑)

妻は実家へ帰りました。私の両親にも彼女のことを話しました。

もちろん妻の両親とも。

やはり離婚して結婚するしか方法はない、という結論に達しました。

あとは・・・妻の印鑑が押してある離婚届けに、私の印鑑を押すだけ、という状態でした。

がしかし・・・・・。

修羅場をくぐって初めて見えてくるものってあるんですね。

これは教えられて分かったり、他人が分かるものではありません。

自分の中で、離婚できない理由があったんです。

結局、印鑑はつきませんでした。


とまぁ長くなりましたが、そんな失敗を重ねつつも(大失敗ですが)今日まで生きてきました。

そんな失敗も成功への一過程だ、なんて開き直りながら、性懲りもなく不倫してます。

そして今さらながらに思うのが、不倫というのは理想と現実のバランス感覚が最も重要である、という事です。

どちらかに傾ききってしまえば、どちらかが破滅します。

ただ、分かりきっているにもかかわらず、行動する事がこれほど難しいのも珍しいよな〜・・・なんてタバコすいながら、ぼんやり考えてます。

「不倫してみませんか」TOPページへ

意外なメール活用法

こんばんは。

今週は不本意ながら仕事人間だった玉木です。

来週からはいくぶん緩和される予定なので、デートに燃えます。

例の奈緒ちゃんとは既に確約を取ってあるんですが、実はまた新たなターゲットが出現したんですよ。

以前、数回飲みに行った事がある、取引先のデザイナーの女のコ。

会社の電話を取ることはめったにない私ですが、たまたま出たらそのコからでした。

久しぶりに話したので、そのコも喜んでました。

でも、なんとなく暗い感じの声だったので・・・後日、携帯へメールしたんです。

「こないだはお電話どうもでした〜♪でもなんだかすごく元気がないような気がしたんですけど・・・飲み会、いつでもOKですよ(^-^)」

これがハマりました。

「そうなんですよ〜(><)実は・・・(ここから先は長いのでカット)」

といった感じの返信で、元気のない事を察知してあげた事をすごく喜んでもらえました。

こういうちょっとしたキッカケ作りにもメールは有効です。

もちろん彼女(愛人)へのメールも重要です。

不倫の場合、命綱と言っても過言ではありません。

いつも気合い入れてメールします。

がしかし・・・メールで喜ぶのは愛人だけではありません。

実は私、時々ですが、妻とセックスした次の日、妻へメールしてます。

「昨日はありがと(^-^)嬉しかったよ」って。

こういうのって、不倫してるのをバレにくくするどころか、一気に夫婦円満へ向かっちゃうほどの効果がありますよ。

一度お試しあれ〜♪

「不倫してみませんか」TOPページへ

上手な嘘のつき方

こんばんは。

昨夜は知り合いのオッサン連中と飲んでた玉木です。

その中にいた、若い女のコが何より大好きなS氏(52歳既婚)は某アパレル関係の会社のお偉方。

常に周りを若い女のコで取り囲まれている彼には、常に彼女が(時によっては複数)存在します。

ちょいワルおやじとはちょっとイメージが違うんですが、確かにおシャレだしカッコいいです。

でも

「もう皆んな可愛くって仕方ないのよ〜〜♪」と、体をクネクネさせながらのたまう姿には、目を覆わずにはおれません。

うーむ、その辺のギャップが奴の手なんだろうか・・・。

ところでこのエロおやじ、なんと23で結婚して以来離婚歴ナシ。

絶対バツ10くらいいってると思ってたんですが・・・・。

「玉木クン、やっぱり最終的には、嫁さんなんだよ」

との事。

色んな意味で勉強になった(?)飲み会でした。


と、余談はこのくらいにしまして、今回はコメントで予告した「上手な嘘のつき方」です。


まず、俗に言う「嘘をつくのは男性より女性の方が上手」ですが、いかがでしょう。

一概にそう、とは言えないかもですが、個人的な経験から言ってもやはりそう思います。

なぜ上手なのか。

それは嘘をつく時、相手の目を見て話す時間が男性より長いから、だそうです。

これは視線に関する心理学的な実験研究からも実証されているらしいです。

以前私が言ってた事も、まんざらではなかった、という事ですね。

実は最近、心理学の本なんかも読んじゃったりしてるので・・・書いておきますね。

それによれば、次のような人の嘘は見分けにくいそうです。

■嘘をつく事が悪いことではないと考えている人。

■嘘を嘘でないと思い込んでしまう人。

■嘘が分かっても仕方ない、と開き直って気楽に嘘をつく人。

女性の場合は単に嘘をつくのが上手、というだけではなく、嘘をつく時の気持ちの切り替えが上手なのかもしれませんね。

では男の嘘はどうでしょう。

例えば彼女から、「昨日の夜電話したのに!なんで出なかったのよ!?」なんて詰め寄られると、

「残業中だったから出れなかったんだよ!」と、間髪いれず、ちょっと逆ギレ気味に、しかも手短かに話を終わらせようとする。

すごくヘタクソです(笑)

こういう場合のポイントを言いますね。

■話のやり取りに余裕を見せる

詰め寄られた際、「実は・・・デートしてたんだ」と深刻な顔で答える。

「ウソ!」と彼女が驚いたら、「嘘に決まってるだろ。残業だよ」とほくそ笑む。

■応答までの間を置く

詰め寄られた際、ちょっと間を置いてから、「最近忙しくてさ。残業してて出られなかったんだよ。ごめんね」と彼女の目をすまなそうに見据えて答える。

■嘘に対して、すぐ終わらせようとしない。

嘘というのは、できることなら、早く相手を納得させて、早く次の話に持っていきたいところ。しかしその気持ちは悟られてしまう。相手が完全に納得するまで、じっくり嘘をつき通す。

それから以下に挙げたのは、一般的に言われている「相手の嘘を見破るポイント」です。

ということは、言い換えれば、「嘘をつく際、気をつけたいポイント」です。

是非参考にして下さい。

1)嘘をついている時は、手の動きを抑えようとする。

人は嘘をつく時、手の動きを通して無意識のうちに自分の本心を伝えてしまうのではないか、と恐れるため、手を握ったり、ポケットに入れたり、相手から見えないところに隠そうとする。

2)嘘をついている時は、顔を手で触れるしぐさが増える。

鼻や口、その周辺を何気なく触るしぐさは、口を隠すためのカモフラージュ。自分のやましい言動を覆い隠したい、というメッセージ。

3)嘘をついている時は、体のしぐさが大きくなる。

姿勢を変えるといった動作が多くなるのは、早く他の場所に逃げ出したいという気持ちを抑制するしぐさ。

4)嘘をつかなければいけない場面が近づくと、会話がとぎれないように敏捷に応答するようになる。

5)嘘をつかなければいけない場面が近づくと、笑いが少なくなり、うなづくことが多くなる。

多くの人は嘘をつく時、顔(表情)に本心が出やすいと考えているので、顔だけには本心をだすまいと努力します。

なので、そこに集中するあまり、また相手は顔以外の部分に注目していないはず、という油断から、ついつい手や体の動き、対話の仕方などに本心を漏らしてしまっている、というわけですね。

しかしやはり・・・その辺の察知能力も女性の方が長けているような気がします(^^;

「不倫してみませんか」TOPページへ

不倫の世界で

こんばんは。

昨夜の彼女とのデートで寝不足の玉木です。

そんなわけで今回は昨夜のノロケ話など・・・と思ってたんですが、

しおんさんのコメントの返答の方が大事なので、予定変更しますね。

コメント欄で返事、でもよかったんですが、件数も増えてきたし、
返事も長くなりそうだし、大切な事なので記事にしますね。


まず、しおんさん。

今の状況を、こと細かに仰っていただいて、本当にありがとうございます。

おかげで状況はかなり把握したつもりです。

なので私なりの見解を申し上げますが、とても辛辣な事を言うかもしれません。

しおんさんにとってすごく腹立たしい部分もあるかもしれませんが、私の正直な気持ちです。

今からするお話を、どうかお許し下さい。


おそらく、今日のしおんさんのコメントを一般の人が読むと、とてもじゃないが、しおんさんの気持ちを
理解するのは不可能だと思います。

一般的な見解というのは、「そんなどうしようもない最低男、さっさと別れるべきだ」という感じですね。

でもしおんさん曰く、

>何を彼の口から聞かされても、やっぱりやっぱり好きなままです

との事。

これを読んだ時、胸がカッと熱くなりました。

私にも経験があるので。


でも・・・・・・これって、物凄く矛盾してるんですよね。

そうなんです。

このブログで一番最初に書いたことですが、不倫というのは「不条理な感情で埋め尽くされた、理屈では語れない矛盾だらけの世界」なわけです。

そして、こういうケースの恋愛をする人、ここで敢えて「不倫」といいますが、

私も含め、不倫する人って、「矛盾を受け入れる事ができる人」なんですよね。

そりゃそうです。もともと妻や旦那がいる、実は愛してる人がいるかもしれない人を好きになっちゃうわけですから、その矛盾を受け入れないわけにはいきません。

気持ちの上では受け入れきれないかもしれませんが、事実了解済みで付き合うわけです。

あるいは「愛してる」なんて言っておきながら、時間がくればさっさと家に帰る・・・でも愛してる。

はたから見れば、奥さんがいるのに、好きな人がいるなんて一体どういうこと?

とにかくもう矛盾だらけです。

でもそれゆえに成立しているという、まこと不可思議な世界です。

しおんさんにしても、当初はその矛盾を受け入れ、不条理の世界に飛び込み、その中で彼を愛したわけです。


ところが。。。。今、しおんさんが望んでいるのは、

「好きな彼を私だけのものにしたい」

という、ごくごく普通の恋愛感情です。


当然、歪みが生じます。不倫の世界では通用しない恋愛ルールなんですから。

「セフレが、しおんさんを見て別居中の奥さんだと思った」

というのも無理はありません。

なぜなら、しおんさんは一般の恋愛ルールにのっとって、ごく普通の奥様と同じ行動をとったわけですから。



では、どうすべきか。

これだけははっきり言えます。


しおんさんが変わらなくちゃいけません。


彼を変えることはできません。だって彼は別に困ってないから。

彼は変わらずこれからもセフレと付き合い、しおんさんを愛します。不倫の世界で。

なのでしおんさんが変わらなくちゃいけません。



では、どう変わるべきか。

選択肢は2つです。

周りが何と言おうと、彼が何人セフレと付き合おうと、いや、極端に言えば、

例え彼が、泥棒しようが殺人を犯そうが、彼を愛し、愛され続ける。


ただし、不倫の世界で。

それができないなら別れるべきです。



しおんさん、勝手なことばかり言ってごめんなさい。

私が言えることは以上です。

「不倫してみませんか」TOPページへ

人妻が不倫に走るパターンとは

こんばんは。

浮気が最もバレやすいらしい、O型の玉木です。

私の浮気発覚事件に関してはまた後日に回すとして・・・今回は、本日いただいたしおんさんのコメントから、少々思うところがありましたので、それについてお話しますね。

以前、「不倫してしまう女性のタイプとは?」というタイトルで記事を書いた時にも触れたんですが、今回は既婚女性の場合を少し掘り下げまして、「人妻が不倫に走るパターンとは」です。

まずは言うまでもなく、明らかに夫との関係がうまくいってない場合。

メールだけをやり取りしてる時期、または付き合ってまもない頃は、あまり明るみに出ませんが、よくよく話を聞いてみると、実はうまくいってなかった、というパターンが多いですね。

幸い(?)私の付き合った女性に関しては暴力夫にいたぶられ・・・という奥さんはいませんでしたが、総じて多かったのが「夫婦の会話が無い」という場合。

それが原因で、相手にどんどん無関心になってゆき、お互いを干渉しなくなる、というパターンです。まだ、問題が起こってケンカするぐらいであれば問題ありません(笑)

次に身近な友達から恋人に発展するパターン。

これは私の知人が得意としている方法なんですが、ルックスのわりに気さくなヤツで、口がうまいんですよね。

相手が人妻でも軽〜い感じですぐ友達になっちゃう。見かけに反して、奥さんの方も言いたいこと言えちゃうから気持ちいいんでしょうね。

身近でない場合もありますが、メル友もこれに含まれます。

あまり相手の事を知らないがゆえに、言いたいことや正直な気持ちをカミングアウトできる。気持ちいいですね(笑)友達を通り越して一気にただならぬ関係になる可能性を秘めています。

そして最も気になるのが、

夫とうまくいってるにも関わらず、不倫してしまうパターン。

もちろんこの場合も、友達から派生して恋に変わってゆくパターンなんですが、その恋愛度は、ある意味夫とうまくいってない奥さんよりも高いです。

夫とうまくいってないのであれば、多少「いいな」と思えるくらいでも「恋」に感じてしまえるわけですから、その恋愛度は低いんです。

ところが夫とも問題はないが、それでも彼がいい、となると、当然彼への想いはハンパではありません。

そして往々にして「夫とは正反対のタイプの彼」であることが多いです。

夫に無い部分を彼に見つけ、それが「素敵」と思った時、妻や母親でありながら、「一人の女」になってしまうのでは、と思います。

さらにその恋はいつも真剣です。

そうですよね、本当の理想の男に出会ったのかもしれないんですから。

大事にしたい部分だからこそ、一概に良い、悪いと言えないパターンだと思います。

「不倫してみませんか」TOPページへ

 | HOME |  »

不倫の秘訣

不倫コミュニティ

不倫画像

不倫攻略

人妻専門

人妻限定

不倫専門

恋愛考察

お気に入りリンク

プロフィール

玉木俊郎

玉木俊郎

年齢:39歳
職業:ありふれた会社員
家族:妻と娘1人
彼女:30歳(既婚)子供なし

自分の気持ちに素直に生きていく。ただそれだけです。

ご意見・お問い合わせは
コメント、もしくは メールにてお願いします。
相互リンク募集中です!

検索エンジン・ランキング

Monthly

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix



    エログ

    フルHDエロ動画

    ブログ

    チャットレディーブログ

    DXJOBのお仕事

    アダルトSNS モンロー

close