無料
エロ
動画
玉木俊郎の「不倫してみませんか」

割り切り不倫・奥様編

「恋愛においては往々にして

 疑うよりも、騙すほうが先にたつ」

                     −ラ・ブリュイエール 『人さまざま』

こんばんは、よく騙すが、よく騙される玉木です。

今夜はなにげに「恋のから騒ぎ」風に始めてみました( ̄m ̄)

実は格言やことわざって結構好きなんですよね。特に恋愛に関してや人間の本質を鋭くえぐるような名言って普遍的なものがあるので、その辺の恋愛必勝本よりよっぽど役に立ちます。

とまぁそれはさておき、前回ついつい書いてしまった、ちょっぴりナーバスチック記事をきっかけに、今日もまたそれに付随しながらちょっぴり思いを巡らせておりました。

何を考えてたかと言うと、「恋と家庭を両立させる事」についてです。

かなり主観入ってますが、まず既婚男性の場合、

気持ちの上で恋と家庭を両立させる事には長けているが、実生活において両立させるのが不得意。というよりヘタクソ。

それに対し既婚女性の場合、実生活において恋と家庭を両立させる事には長けているが、気持ちの上で両立させるのが不得意。というより悩みのタネ。

いかがでしょうか。

自分的には、結構鋭いとこついてるんじゃないか〜?なんて思いながらタバコふかしちゃったりしてるんですが。

では、その根拠の解説に入ります。

旦那方の場合、家庭は家庭、恋愛は恋愛だから、どちらもうまくやっていきたい、両方手に入れておきたい、という気持ちが強いと思うんです。

つまり「大事なのは家庭、愛しているのは彼女」という非常に都合の良い考え方(笑)ができる生き物なんですよね。

挙句の果てには、「やっぱりオレが戻る場所は家庭なんだよ」などど言い出す始末。

にもかかわらず、実戦においては、お粗末な事この上なし。

一方・・・奥様方が恋愛にハマっちゃった場合は、旦那の事は「単なる同居人」と見なしがちだと思うんです。

つまり「彼との関係を続けていきたい」からこそ、実生活においては細心の注意を払う。せっかく出逢えた「運命の人」と過ごす時間のために、あとは修行だと思って家庭生活を頑張る、といった感じでしょうか。

つまり実生活において問題が起きる事は、内密にしておかなくちゃと思ってる限り、まれなんですが、その心の内は手のつけようがない程の大問題が起きてるわけです。

なのでこれだけネット上での女性のお悩み掲示板やブログが盛況なのは、心の内を誰に咎められることもなくカミングアウトできるからなんでしょうね。

しかしその心の咎が一たび実生活において外れると、離婚なんて生易しいものではなく・・・事件へ発展する可能性すら秘めていると思います。

ハッキリ言ってそんな不倫、したくないです。

旦那様にも奥様にも、心地よくなるための恋愛をしてほしい、というのが私のモットーであり、このブログの主旨ですから。

実は、このブログによくコメントしていただける奥様がいらっしゃるんですが、すごく頑張って恋と家庭を両立させてあります。

実際に、「彼へは『恋愛』、夫へは『家族』としての感情を持って上手く生活してます」というメッセージも頂きました。(無断借用スミマセン)

もちろん彼女の中で、ものすごい心の揺らぎや、いくつもの葛藤が繰り返され、日々自分の感情と戦っていらっしゃいます。

でも、やはり大好きな彼を失いたくないからこそ、そういった「心の割り切り」に踏み切られてあるんじゃないのかな、と私は思ってます。

そういう女性も、事実いらっしゃるんですよね。

確かに心の割り切りって、体の割り切り以上に難しい部分があると思います。

でも少しだけ気持ちを切り替えてみようかな、と思うだけでも、ちょっぴりラクになったりするかもしれませんよ?

というわけで、コメント頂いた奥様には心底、感謝しています。

ありがとうございました〜♪( ̄3 ̄)ちゅ〜

「不倫してみませんか」TOPページへ

不倫、良いか悪いか

こんばんは、物思いに耽っていた玉木です。

と言うのも実はさっきまで、とある不倫反対ブログ読んでたんですよ。

もちろん女性が書いてるものです。

以前はその方も不倫していたらしいんですが、その愚かさに気づき、今となっては不倫がいかに愚かで、空しく、人を傷つける行為であるかという事を延々と書き綴ってらっしゃるわけですね。

あ、モチロンそれを否定するつもりは毛頭ないです。

読んでて、ふむふむなるほどね、と思った部分もたくさんありました。

不倫というのは嘘と誤魔化しでかためられた、偽りの愛の形。

期待できず、依存できず、愛しすぎてはいけない耐えるだけの虚しい愛。

そして身勝手、無責任、現実逃避、親としての資格なし・・・ナドナド。

まさに悲惨なる事この上なし!って感じですね。

なのになぜ、こうも平然と世の中に蔓延っているのか・・・。

で、読んでて思ったんですけど、やっぱり不倫って、「良い」「悪い」というモノサシじゃはかれないような気がするんですね。

あ、一般社会のルールからいけば、当然「悪いことこの上ない」ですよ?

上で並べたように、良いことなんて一つもないです。

でも、やっぱり不倫も恋なんですよね。

恋に良いも悪いも無いですから。ましてや本人にとっちゃ上に並べた事すら凌駕してしまう程、盲目状態に陥ってるわけです。

罪悪感なんて感じてるヒマはありません。

もし本当に感じる事ができるとすれば、その時は不倫は終わってるはずです。

「じゃ離婚してから恋すれば?」

よく聞く言葉ですが、これってすごく的はずれなんですよね。

結婚してるから恋したくなる、というまこと不条理な心理を理解できない限り、こういう意見は無くならないんでしょうけど。

先ほどの女性のブログを読む限り、彼女にとっての「真実の愛」というのは、夫や妻、そして子供に向けられるべきもの、そしてその中でしか存在しえないものなんですよね。

行き着くところ、「家族の愛」です。

それを不倫が終わって気がついた。

確かに正論です。

でも私はそれが全て、とはどうしても言い切れないんです。

どうしても正論を言うと、嘘をついてるような気がするから。

そういう嘘だったらいいんですかね?

「不倫してみませんか」TOPページへ

男と女のギャップを踏まえた口説き方

こんばんは、雨の月曜がキライな玉木です。

昨日いただいたしおんさんのコメントをキッカケに、改めて「男女間における友情って成立するのか」について少しばかり考えてみました。

私の場合、基本的に「ありえない」です。

また、「成立するさ!」なんて事を言う男を私は信用しません(笑)

その理由は、しおんさんのコメントに対する私の返事の中で、大体お話したんですけど、いかがなものでしょうか。

で、その返事をし終わった後ふと思ったんですが、女性よりも男性の方が、成立させにくいんじゃないかな、と。

男の場合は心より体の欲求を満たす事を優先させちゃうので、精神的な繋がりを必要とする「友情」には意外と脆いんですよね。

ある意味、愛情より友情の方が難しかったりする場合もあると思います。彼女だったら、気持ちを込めたエッチで許してもらえるような事でも、友達にはそういう手段が取れないので(笑)

ちょっと話がそれましたが、もし貴女の周りに、すごく親身になって考えたり行動したりしてくれる男友達がいたとしたら、それはもう既に彼にとっては「貴女への愛情」です。さもなくば「一発やりたい」と思ってる(笑)

で、逆に女性の場合はと言えば、心の支えになってくれる男性であれば、体は必要ないんですよね。
自分の気持ちやグチを聞いてもらえればそれで満足です(笑)

そういう意味でも、やはり女性のほうが、友達のままでいられる状態を作りやすいんだと思います。

といったところで、そのギャップの存在を踏まえつつ、上手なかけひきを一つ。

今は友達として親身に話を聞いてあげてるが、実は狙っているんだ、という女性がいる男性諸氏には、この辺の女心を理解した上で近づかなければなりません。

そのうち、「お付き合いするのはいいけど、体は許さないわよ?」といったような信号を発するかもしれません。

そこで間違っても「そんなのイヤだ」なんて反応しちゃダメですよ?(笑)

女性ってその辺の反応を敏感に察知します。

「キミの気持ちが晴れるなら、それで十分だよ」

くらいの大らかさを見せれば、逆に許してもらえるものです。

あせりは禁物。まずはとことんキミの気持ちを理解してあげたいんだ、という姿勢を崩さない事がポイントです。

「不倫してみませんか」TOPページへ

彼女(愛人)の不機嫌をケータイで治す方法

こんばんは、いつの間にやら39歳になってた玉木です。

ふたご座の男には浮気者が多いってホントなんですかね。

それはさて置き、今夜は「彼女(愛人)の不機嫌をケータイで治す方法」です。

独身同士であれば、ケンカしても速攻で飛んでってエッチすればすぐにゴキゲンにしてあげられるんですが、どちらか、あるいはお互いが既婚者であればそうもいきません。

それも、単なる意見の食い違いが発端となった不機嫌ならまだしも、「あなたに逢えないのが辛い」であるとか、「他の女に手を出してるんじゃないか」といった寂しさやジェラシーから来る不機嫌というのは非常にタチが悪いです。

そこで逢えないというのは大きなハンデですよね。

なので、まずは会社の帰りにでもメールを送ります。

貴方>まだ怒ってるの?

彼女>うん

貴方>今、ちょっと電話してもいい?

彼女>いいよ

電話をかけ、とりあえずあたりさわりのない会話を続けます。

そして突然こう言いましょう。

貴方>「あっ」

彼女>「どうしたの?」

貴方>「キャッチ入った」

彼女>「分かった。じゃ、切るね」

貴方>「いいよ。出ないから」

そしてここで思いっきり彼女への愛を囁きましょう。彼女以外の人間だったら家に帰ってでもしゃべれるし、彼女の方だって今というチャンスを逃したらしゃべれなくなる可能性もあるわけです。「愛してる」って言えるのは、今この瞬間しかないのかもしれません。他の何を置いても、たった今、彼女と会話できるという事が最優先、何より大事な時間なんです。

こんな感じの内容を恥ずかしげもなく話せば、きっと不機嫌はゴキゲンに、不安やジェラシーは安心に変わるはずです。

あっもちろんキャッチなんか入ってないですよ( ̄m ̄)

「不倫してみませんか」TOPページへ

源氏物語に学ぶ浮気哲学

こんばんは、玉木です。

かつて、恋愛漫画の大御所、柴門ふみ氏が「男の浮気」についておもしろいこと言ってあったのでご紹介しますね。

男の浮気を解釈するには「源氏物語」を読めばよい。

何をしても許される特権階級である光源氏は、手当たり次第に女を追いかけまわす。

光源氏がスゴイのは、一時期に何人もの女と付き合いながらも、その時、目の前にいる女に対して、
「今、心の底から愛しているのはおまえだけだ」

という感情を抱けるところである。

「別の女に悪いなあ」

などという姑息な自責の念など持たない。その場その場で、目の前の女を愛しているのだ。

そうか、そうだったのか、と私は初めて『源氏物語』を読んだ時、目からウロコが落ちる思いだった。

そして、この公式を応用することによって、漫画の登場人物に浮気者のプレイボーイを出せるようになったのだ。

世間にはびこる不倫状況においても、妻にも愛人にもいい顔する男に対して私は、

「なんていい加減なヤツだ。信じられない」

と、考えていたのだが、

「今、目の前にいる女を愛してしまう」男の習性を思えば、納得してしまった。      「恋愛論」より

さすが大御所、飲み込みが早い。

「不倫してみませんか」TOPページへ

«  | HOME |  »

不倫の秘訣

不倫コミュニティ

不倫画像

不倫攻略

人妻専門

人妻限定

不倫専門

恋愛考察

お気に入りリンク

プロフィール

玉木俊郎

玉木俊郎

年齢:39歳
職業:ありふれた会社員
家族:妻と娘1人
彼女:30歳(既婚)子供なし

自分の気持ちに素直に生きていく。ただそれだけです。

ご意見・お問い合わせは
コメント、もしくは メールにてお願いします。
相互リンク募集中です!

検索エンジン・ランキング

Monthly

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix



    エログ

    フルHDエロ動画

    ブログ

    チャットレディーブログ

    DXJOBのお仕事

    アダルトSNS モンロー

close